未経験の若手社員が基本情報技術者試験に3ヶ月で合格した勉強法

はじめに

先日、秋の基本情報処理技術者試験の合格発表がありました。

3年前から若手社員向けに情報処理技術者試験の対策講座を開いている関係で毎年この時期は少しだけそわそわします。

ところが、今年はあまり試験結果が気になりませんでした。

まあ、業務が忙しくてそれどころじゃなかった&自分も別の試験を受けていたのでそっちで頭がいっぱいだったということもあるのですが、さすがに3年間も色々なタイプの受講生を見ているとそれぞれの試験結果が想像できてしまいます。

(実際、事前に想像した通りの結果でした)

そこで、今回は3年間講師を務めてきた僕が感じるコイツ合格するだろうなという若手社員の勉強方法をご紹介したいと思います。

また、たまに未取得のままベテランの域まで来てしまった方からどうやって勉強したらいいのかわからないとこっそり相談を受けたりしていて、そのとき答えていた内容もせっかくなので合わせて残していこうと思います。

特に次のような人の参考になれば幸いです。

  • これから基本情報技術者試験を受けようと思っている方
  • 受けたことはあるけど中々合格できずに諦めてしまっている方
  • 合格できる自信はあるけど、なるべくさくっと確実に合格したい方

基本情報技術者試験とは

1.対象者像

高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者

2.役割と業務

基本戦略立案又はITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し、上位者の指導の下に、次のいずれかの役割を果たす。

(1) 需要者(企業経営、社会システム)が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略立案に参加する。
(2) システムの設計・開発を行い、又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスの実現に貢献する。

IPA独立行政法人 情報処理機構

要するに、情報システムに関する基本的な知識を身に付けている人、ということでしょうか。

IT系の専門生や情報工学系の学生、IT企業の新入社員などがメイン層かと。

試験内容

改めて紹介するまでもないですが、多岐にわたります。

大きく3つに分かれており、

  1. テクノロジ系
  2. マネジメント系
  3. ストラテジ系

それぞれIT業界における基本レベルが出題されます。

詳しい出題内容はこちら

試験の形式

午前試験と午後試験があります。

午前試験小問形式。マークシートによる4択式。
午後試験長文形式。マークシートによる多肢選択式。

難易度

情報処理技術者試験制度のスキルレベル2(上位者の指導のもとで要求された作業を担当できるレベル)

他の資格でいうと「Oracle Master Silver」や「簿記2級」と比較されています。ただ、これはあくまで実際に合格した方の主観であったりするので、僕は必ずしも簿記2級と同レベルとは思いません。

僕は簿記のほうが難しいと思いますし、実際に取得している「Oracle Master Silver」のほうが圧倒的に簡単だと感じました。

合格率

IPAが公開していますので、詳しく知りたい方は参照してください。

ちなみに過去2年間は次の通りでした。

開催年応募者数合格率
2017年秋76,717人21.8%
2017年春67,784人22.5%
2016年秋75,095人23.6%
2016年春61,281人30.4%

参考:基本情報技術者試験ドットコム

一般的に想定されている合格に必要な勉強時間

2ヶ月~6ヶ月、とされています。

目安としては1日1時間やったとして、

  • 業務でバリバリ関わっている人は1ヶ月
  • 情報技術を多少勉強したことがある人は3ヶ月
  • 情報系分野にうとい人は6ヶ月

といったところです。

実際に僕も様々な背景を持ったの社員と接してきましたが、概ねその通りだと感じています。

ただ、これは後述しますがもちろん本人のやる気も大いに影響しています。

また、一発合格を目指す場合は×1.5ヶ月くらいを目安としたほうがいいです。

基本情報技術者試験に合格するための勉強方法

では、さっそく実際に過去合格した3名の勉強法をご紹介していきましょう。

また、先に付け加えておきますと、僕が務めている会社はとても大手とは言えない都内によくある一般的な小中規模のSIerです。

語弊があるかもしれませんが、そもそも入社する人間のレベルもその程度だとお察しください。決して高学歴などではない、よくいる普通の社会人だと考えていただければと思います。

文系学部卒の若手社員Aさん(24)の場合

方針

午前、午後とわけずに考えて、はじめの1ヶ月は参考書を読みつつ分からない単語はその都度Googleで検索する。

あくまで概要を抑えるレベルにとどめて、いくら調べても意味不明な内容は一旦パス。

その後、午前対策をしつつ午後対策を行うことがちゃんと2ヶ月間できれば合格レベルに達し、一発合格を狙えると思います。

具体的には次の通りです。

午前試験対策

  1. 参考書を1週した段階で、まずは午前試験問題80問を解いてみる。
  2. おそらくこの時点では合格点である60%正解はできないので、間違えた問題が多い分野を中心に参考書を2週間また読み返してもらう。読み方は最初と同じ。
  3. その後、再び過去問80問を解いてみる。
  4. 間違えた問題が多い分野を復習 → 参考書&Googleを試験日1ヶ月前まで繰り返す。
  5. 試験日の1ヶ月前になったら、ひたすら過去問を解きまくる。(過去5年分もやれば十分)
ステップ5ではとにかく問題数をこなしてください。
そうすると途中で同じ問題ばかりであることに気がつくと思います。
しかも、その同じ問題が6割ほど占めてるんですよね。

午後試験対策

参考書を1週して、午後問題を1度解いた時点から勉強を開始する。

それまではなにもしないのがベターかもしれません。

というのも、基本情報技術者試験の午後問題は午前問題の延長線上にあるため、先に午後問題の対策をしてもあまり効果がないことが多かったためです。

過去教えてきた経験上、初学者の午後問題対策は午前と同じ方法を取ることが効果的でした。

つまり、以下の流れです。

  1. 参考書を1週したら過去問を解いてみる
  2. 間違えた割合が多い分野のみ復習
  3. その繰り返し

必須選択のアルゴリズムと、最後のソフトウェア開発は難問です。ここは3~4割正解でかまいません。
得点源はマネジメント系とストラテジ系、情報セキュリティと考えて勉強していきましょう。ここが8割正解できれば合格も見えてきます。
また、ソフトウェア開発は「表計算」一択です。
もし仮に業務でCやJAVAを使っている&使う予定だとしても、必ず「表計算」を選択してください。初学者にとって、他は無理筋なのであきらめましょう。
午前問題と違って、過去問と同じ問題は出題されません。

まとめ

最初の1ヶ月は参考書のみ。次の2ヶ月間は過去問をひたすら繰り返す。

午後問題は、午前問題に解答できるレベルの知識 + 難問を見極めて捨てる必要がある。

試験に合格したかったら、「表計算」を選択する。

IT系専門学校卒の新入社員Bくん(20)の場合

方針

試験範囲の基礎知識をさらっと確認した後は過去問を中心に勉強し、情報処理技術者試験になれる。

午前試験対策

2週間かけて、参考書を1週読む。その後は過去5年分の過去問400問をひたすら解いていく。

途中わからない問題があったら、その場で自分でさらっと調べて納得できたら次へ。理解できなかったら翌週もう一度調べてみる。

それでもわからなかったら、わかる人(弊社では僕が担当しています)に聞く。

といったことを試験日まで2ヶ月間繰り返す。

過去問を覚える、というよりも理解することを心がけることがポイントです。

午後試験対策

とりあず、過去問を解いてみる。

情報セキュリティ、アルゴリズム、ソフトウェア開発(表計算)が8割解答できるようになるまでひたすら過去問を繰り返していく。

他の選択問題については、試験日1ヶ月前まで特別な対策は行わない。

過去問は最低でも過去5年。余裕があれば、10年分をやる。

必須選択のアルゴリズムと、最後のソフトウェア開発は難問ですが、チャレンジしましょう。
ここを避けていたら自身のアドバンテージを活かせませんし、慣れれば大きな得点源になります。
また、ソフトウェア開発は「表計算」がおすすめです。
もし仮にCやJAVAに大いなる自信があるというのなら、選択しても構いませんがこれは仕事ではなくて、試験なので合格することを最優先に考えたほうがよいかと思います。

まとめ

午前は過去問を毎日ループ。

午後は情報セキュリティ、アルゴリズム、ソフトウェア開発を中心にテクノロジー系を避けないように進めていく。

プロジェクトリーダーとして働くDさん(33)の場合

会社に言われてとりあえず申し込んだけど業務が忙しくてまったく勉強していない。そもそも子供いるし、家では勉強なんて無理。土日は1時間くらい、平日は帰りの電車の中で30~40分程度しかやれそうもない。

で、1ヶ月で合格したいんだけど!

ちなみに受験するのは5年ぶり。

とのことでしたので「まずは前回分をやってみてください」とお伝えしました。

午前試験対策

初見で5割正解したとのことでしたので、昨年を除く過去2年分の午前問題を暗記してもらいました。

1ヶ月もあれば320問くらい大人なら覚えられるはずです。

これなら帰りの電車の中でもスマホでやれるかと思いますしね。

邪道すぎて怒られるかもしれませんが、理解するのではなく暗記することが重要です

午後試験対策

こちらも初見で6割正解したとのことでしたので、苦手な分野を中心に情報セキュリティ、アルゴリズム、ソフトウェア開発は確実に8割取れるように対策してもらいました。

やはり業務でやっていると、午後問題のほうが解答しやすいのかもしれません。マネジメント、ストラテジははじめから8割できていたので、ノー勉で挑まれていました。

ただ、電車の中では午後問題はやり難かったようで、午後問題に関しては土日に時間を作って勉強されたようです。

まとめ

業務経験がある程度あり過去問を解いてみても、6割は正解できるのなら午前で足切りにならないようにむしろ午前問題対策をしたほうがよいと感じています。

全体のまとめ

基本情報技術者試験はその名の通り「基本」レベルの試験ですが、試験範囲が圧倒的に広くどこから手をつけていいのかわからない人が多いのではないでしょうか。

また、とりあえず取得しておけみたいな空気もあり、僕の会社でも新入社員には研修という名目で試験勉強をさせています。

これがいいのかわるいのかわかりませんが、経験上この資格を持っているからといって仕事の役に立つといったことはありません。

情報システム開発の雰囲気がつかめる、程度のものだと思ってください。

なので、資格取得を命じられたみなさん!さくっと合格して、未取得者を見つけたら「基本情報も合格できないのかよ~」とドヤりましょう(笑)